中高年が野球を上達するためのトレーニング

男性

学生時代などに野球を経験し、自由に使える時間を確保する事ができるようになる中高年になってから再び趣味として野球をはじめる方も珍しくありません。

中高年になると、野球以外のスポーツでも思い通りに体が動かせなかったり、怪我が多くなる場合があります。上達をする以前に、体のメンテナンスを兼ねたトレーニングが必要となります。

まずは、年齢や性別を問わずスポーツで良いパフォーマンスを発揮できるように大切な事が、体幹トレーニングです。ボディーバランスを整えながら、柔軟性も養う事ができますし、自宅で気軽に行う事ができる方法も多いので、定期的に行う事が可能です。

また、野球を行う上で、瞬発力と持久力のバランスも大切になります。ポジションにより、必要なバランスも変わりますが、持久力を高めるにはジョギングを、瞬発力を高めるならばダッシュを一週間に二回ほど行う事がお勧めです。

トレーニングを行った後には、クールダウンを忘れない事も大切です。

野球のブックメーカーへ

中高年でも野球は上達する!基礎体力を手に入れよう!

脚

野球には長距離を走れるスタミナではなくベース間を走り抜ける短距離のスピードや投げる・打つといった瞬発力が求められます。

中高年でも大丈夫なのかと心配になるかもしれませんが、年相応のトレーニング方法のコツがあるんです。ポイントを絞って根気強くトレーニングを続ける事が大切です。

野球向けの基礎体力のつけ方としてインターバル走が適していると言われますが、体の重たくなった中高年層にいきなりの無理は禁物です。そのため、まずは体脂肪を減らす事、また体脂肪の燃えやすい体質を心掛ける事が先決です。

野球

そのためにはまず有酸素運動から。少しずつで構わないので長時間のジョギングや自転車漕ぎに挑戦しましょう。体がよく動くようになってきたら、その有酸素運動にプラスして短距離走や筋トレなどの無酸素運動を始めます。

そういった段階を踏むことで余計な怪我を防ぎ、健康的に体力増加を図れます。野球がもっと上達するようにまずはこれらの体質改善から始めて基礎体力を手に入れましょう。

中高年がパワーを付けて野球を上達するために

草野球場

中高年が野球を上達するには、まずは基礎体力を向させることが大切なことになります。基礎体力がある程度ついていれば、練習をこなせるようになり、怪我の防止にもなります。

野球は打ったり、守ったり、走ったりと全身の体を使用しますので、準備をしてからでなければ怪我をしてしまう可能性があります。ですので、体全体のパワーや俊敏性などをバランスよく鍛えるようにします。

野球

中高年で体力の衰えを自覚しているであれば、まずは、軽いランニングや素振りなどを自分のできる範囲でメニューを組み、こなしていきます。そのメニューに慣れてきたら、少しずつ回数や負荷を増やしてそのメニューをこなしていきます。

そして、体づくりがある程度出来てくれば、野球の練習に移行し、バッティングやノックなどの動作を基本を大切にしながら行えば、はやく上達をすることができます。

中高年の場合はどうしても体力が若い時に比べておちてしまっていますので、自分の体を大事にしながら、取り組むことが重要です。