中高年から上達する野球、バッティング

パッティング

みなさんは野球をやる機会をお持ちでしょうか?おそらく会社のつながりで草野球をするようになったという方もいると思いますし、中高年の方でもよく試合をされているのを目にします。

ただこのスポーツは簡単に見えて、意外と動きが難しいもの。特にバッティングという動作はその見た目以上に奥が深く、その上達法もわかりにくいと言われます。

そこで今回はバッティングに関して、悩める中高年の方のための情報をお伝えしようと思います。まず、バッティングは力があまり必要ないことを承知してください。

腕や上半身ではなく、体全体を使用すれば打球をそれなりに飛ばすことができます。正直地元の草野球のレベルであれば、少し打球が飛ばせれば十分な戦力になるのではないでしょうか。

次に練習法としては、トスを上げてもらうことと軽いバットで素振りをすることをお勧めします。いきなり前から来る球を打つと、打撃が固まらないことがよくあります。

そのため基礎を身につけるため、簡単に打てるトスやティーを利用して打ち方を固めましょう。また重いバットだと変な形が身につく可能性が有るので、軽いバットでその打ち方の感覚を忘れないようにするとなお良いと思います。