筋肉を発達させれば野球の上達が可能

ダンベル

中高年になっても野球が上達するかどうかは、筋肉の充実度によって変わってきます。ボールを正確に投げたり、バットを強力に振るためにも、筋力は欠かせないものとなります。

筋力トレーニングを積極的に行いながら、食事からはタンパク質も摂取することで、筋骨がたくましい状態へと変わっていきます。中高年が日課にしている散歩は、単純に歩くだけでは効果が少ないですから、腕や足首の部分に負荷をかけることがあります。

負荷をかけた状態で階段を上り降りしたり、全力疾走する方法も使えます。最初のうちは無理をせずに、有酸素運動で基礎体力を付けながら、無酸素運動も取り入れて筋肉を鍛えていくことが理想です。

体力の衰えと戦うために、練習中には補給食も利用して、長時間の試合に耐えられるスタミナを養うことも重要です。筋肉を丈夫にするために、家庭内ではエアロバイクを使うなどの工夫をして、絶え間なく努力をすることも大切です。

試合にも積極的に参加して、実戦で体力を養う場合には、野球の上達にとって相乗的な効果を引き出せます。