中高年の年代から野球を上達させるコツ

野球

中高年の年代になって野球を上達させる為の基本的なコツとして、2人1組になってキャッチボールを行う事に徹底したり、足腰を丈夫にするために走り込む事です。

野球はボールをキャッチする事が基本的な動作で、宙に浮いたボールを着実に取れるようにキャッチボールの練習は欠かせないです。

マラソンやサッカーなどの球技と違って実践の試合では止まっている事が多いが、ボールが急に来た時に筋肉を急に動かす事が多いので、急な動きで筋肉などを痛めないように走り込みを行いながら筋力や体力などの能力を上げます。

ある程度キャッチボールや走り込みに慣れてきたら、バットを持ちながら素振りの練習を行ったり、バットを立ててティーバッティングなどの実践に入る前の練習を行うと良いです。

ボールを掴むという動作に慣れてくると、軽めのノックなどの練習を行います。指導者が打ったゴロやフライのボールを掴む練習を行ったり、ボールを掴んでから1塁などに送球するなどの基礎的な練習を徹底する事で上手になります。