動体視力を鍛えれば野球が上達

男性

中高年からでも動体視力を養うことは可能で、努力次第では野球の上達にもつながります。能力を高めるためには、狩猟本能を開花させて、素早い動きに対応する努力が欠かせません。

伝統的な方法に見習って、自然の動きから学ぶのも素晴らしいことです。山野を駆け巡って野鳥観察を行えば、鳥の俊敏な動きを把握して、動体視力を鍛えることができます。

野球に対応させるため、動きは常にアクティブでなければ駄目ですから、基礎体力も同時に鍛えます。自転車に乗ることで、目まぐるしく変化する景色を見ることができますから、結果的には動体視力も鍛えられます。

自動車の運転でも一定の効果がありますが、常に風を切って走る自転車で特訓をすれば、短期間でも成果を出しやすくなります。実戦でも対応するためには、投球マシーンを利用して鍛えることも大切です。

実際の速球の凄さを確かめれば、最初は怖さや驚きを感じるものですが、次第に慣れてしまえば上達への近道になります。