ヤクルトの歴代プロ野球選手の成功談について

靴紐を結び直す

ヤクルトスワローズは昭和の時代の優勝がわずか1度の弱小球団でした。 昭和53年に前身の国鉄、サンケイ時代を含めて球団創設以来初のリーグ優勝と日本一に輝いたものの、その後は低迷し、平成2年からは元南海監督の野村克也氏を監督に迎えてチームの立て直しにつとめました。 彼が目を付けた選手は古田捕手です。

自身も捕手であった野村監督は、プロ野球のチームが強くあるためには捕手がしっかりしていないといけないという強い思いを持っており、彼の監督時代に入団した古田を鍛えて正捕手に育て上げたのです。 ヤクルトファンの大多数が古田の成長が1990年代のスワローズの躍進の原動力だと知っており、野村監督の見事な起用だったと成功談として語っています。

当時のエピソードとして、同じ時代の正捕手がいなくて苦しんでいた阪神もドラフトで古田の獲得を考えていましたが、「眼鏡をかけている捕手は大成しない」とスカウト会議で決断し、獲得を見送ったというものがあります。 しかしスワローズは古田の眼鏡のことはさほど気にかけませんでした。 彼は眼鏡がトレードマークで引退まで大活躍しましたが、当時阪神も獲得に乗り出して仮に阪神に入っていればプロ野球の歴史も変わっていたかもしれません。