中高年が野球で上達するために選ぶ食べ物

食事

中高年から野球を始めても、十分な体力が備わっていない場合には、素早く上達することが難しくなります。若い人よりは基礎代謝量が減りやすいため、食事では高タンパクで低脂肪の食べ物を選ぶことが大切です。

主菜として焼き魚や肉料理を選びながら、副菜には豆腐や納豆などの大豆食品を添えれば、筋肉を養うための栄養を補えます。野球に必要な頭脳を養うために、脳機能を支えるアミノ酸を摂取することも欠かせません。

カツオ節を積極的に食べるようにすれば、必須アミノ酸のトリプトファンのおかげで、セロトニンの分泌が促進します。カツオ節を味噌汁に直接に入れて食べれば、大豆レシチンも同時に吸収できますから、記憶力を下支えする作用も活発になります。

野球の上達のためには、余計な脂肪を減らして、瞬発力を身につける必要があります。脂肪やコレステロールの吸収を抑制するために、食物繊維が豊富な穀物や野菜を食べるようにすれば、理想的な健康状態も維持できます。